アジ干物、40年ぶり不漁でピンチ ホッケが王座狙う?

価格は語る
2020/8/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の朝食を彩るアジの干物。新型コロナウイルスの影響により家で食事する機会が増え、売り上げも好調だ。しかし実はその陰で「干物の王様」の地位が揺らいでいる。原料のアジが約40年ぶりの大不漁。輸入も減り、アジの価格が上昇しているのだ。漁獲好調なホッケに王座を狙われている。

■アジ漁獲量は年々減少

アジは世界中に100種類以上。日本近海でとれるのはマアジにムロアジ、マルアジなどで、マアジの漁獲量が最も多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]