/

この記事は会員限定です

[社説]日本株を長期保有する投資家が必要だ

[有料会員限定]

日銀が上場投資信託(ETF)の購入を通じ、日本株相場を支える構図が強まっている。中央銀行という「官」が、多くの上場企業の実質的な大株主になっている市場の姿は健全ではない。日銀に代わる受け皿として、株式を長期保有する投資家づくりが急務だ。

日銀が「異例の措置」と断って2010年12月に始めたETFの購入は、年末に10年を迎える。

開始時に年4500億円だった買い入れ枠は、年12兆円に膨らんだ。大量の購入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン