/

JR九州と西鉄、観光列車でコラボ 大牟田へ誘客

(更新)

JR九州西日本鉄道は29日、両社の観光列車を使って福岡県の大牟田地区を観光するツアーを実施すると発表した。JR九州の「A列車で行こう」と西鉄の「ザ・レールキッチン・チクゴ」で福岡市と大牟田市を往復し、大牟田市では石炭産業科学館などを観光する。両社が共同で観光列車を運行するのは初めてで、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた沿線観光を後押しする。

JR九州の観光列車「A列車で行こう」=共同

ツアーは9月10日の1日限定。福岡市の西鉄福岡(天神)駅からレールキッチンで大牟田駅へ行き、市内を観光した後、A列車でJR博多駅に戻るコースと、博多駅からA列車で大牟田駅へ行き、レールキッチンで天神に戻る2コースある。2コース合わせて104人を募集する。政府の需要喚起策「Go To トラベル」の支援対象となるため、料金は東京都在住者以外は1万8900円となる。

西日本鉄道の観光列車「ザ レールキッチン チクゴ」=共同

大牟田では石炭産業科学館のほか、廃止された三井化学専用線の駅や機関庫、石炭の廃坑などを見学する。JR九州によると、両社の大牟田駅が隣接していることからツアーを企画したといい「大牟田周辺の観光を盛り上げたい」(担当者)とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン