北陸電力の4~6月期純利益2.8倍 石炭火力削減に警戒

2020/7/29 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸電力が29日発表した2020年4~6月期の連結純利益は、前年同期の2.8倍の112億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で企業活動が停滞し、管内の電力需要は落ちこんだものの、火力発電設備の修繕費と燃料費の低下が利益を押しあげた。ただ、先行きは不透明として21年3月期通期の業績予想は開示しなかった。

純利益は東日本大震災のあった11年4~6月期以降で最高だった。それでも金井豊社長は「手放しで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]