/

この記事は会員限定です

中南米、270万社が破綻も 政府支援乏しく

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスの感染が拡大する中南米で企業の破綻が相次いでいる。各国とも政府の財政余力に限りがある中、企業支援が後回しになっている。国連は年内に270万社以上が倒産すると予測する。失業者の急増は社会不安を招き、経済再生の重荷となりかねない。

「2020年末までに、地域の失業率は13.5%に達するだろう」。国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC)は今月中旬まとめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1294文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン