/

JAL、「ワーケーション」商品の紹介サイト

ワーケーションに適した宿泊施設を紹介する

日本航空(JAL)は29日、休暇先で働く「ワーケーション」などに適した宿泊施設と航空券がセットになった旅行商品の専用サイトを立ち上げた。密集、密接、密閉の「3密」を避けるとともに他の旅行者との接触を減らせるとうたう施設や旅行プランを扱う。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなか、感染リスクが低い旅を普及させたい考えだ。

専用サイトでは国内の宿泊施設をテーマ別に紹介する。日程や飛行機の搭乗時間は旅行者が自由に選べる仕組みだ。例えばワーケーション商品は、星野リゾート(長野県軽井沢町)やプリンスホテルが北海道や沖縄などの国内のリゾート地に持つ、長期滞在や家族での利用に適した施設が中心となっている。

このほか、温泉旅館など施設内だけで非日常を味わえる商品、戸建てのホテルや民泊といった、不特定多数との接触が少ない商品を取り上げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン