/

この記事は会員限定です

自動運転レベル4、カギ握るセンサーの価格と検知距離

[有料会員限定]

人が操作しない自動運転「レベル4」の実用化に向けて、期待されているのがレーザーを対象物に照射して距離を測定する3次元センサー、LiDAR(ライダー)の低価格化と検知距離の延長の両立だ。量産車としては、一定の条件下でシステムが運転する「レベル3」への対応を視野に入れていた独アウディのセダン「A8」がLiDARを初めて搭載。トヨタ自動車も今冬発売の新型セダン「レクサスLS」にLiDARを4つ搭載する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン