/

この記事は会員限定です

パナソニック、「脱組織の壁」米中で始まる構造改革

大阪経済部 岩戸寿

[有料会員限定]

パナソニックは30日、2020年4~6月期の連結決算を発表する。幅広い事業で新型コロナウイルスが響き、収益改善の取り組みが足踏みしている。コロナ禍の克服と成長軌道への回帰のカギとなるのが、組織のしがらみが少なく部門間で連携しやすい海外での新事業の創出だ。

「ぶれることなく、スピードをあげてやりきる」(津賀一宏社長)。パナソニックは低収益体質からの脱却を図る構造改革のまっただ中にある。コロナ禍で独禁当局の審査が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン