/

この記事は会員限定です

国際訴訟の体制強化、外務省が課新設 韓国に敗訴契機

[有料会員限定]

政府は国際的な経済訴訟を担う体制を強化する。外務省経済局の「国際経済紛争処理室」を課に昇格し、国際法の解釈や判例に関する蓄積を持つ国際法局の下に置く。民間からも国際法務に強い人材を登用する方針だ。韓国などとの経済紛争が相次ぐ状況に対応する。

世界貿易機関(WTO)や経済連携協定(EPA)の紛争処理は経済局、国際司法裁判所(ICJ)の手続きは国際法局が担ってきた。分断を無くし、国際紛争に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン