地域活性化の新たな潮流(6) 「関係人口」という概念
関東学院大学准教授 牧瀬稔

やさしい経済学
2020/7/30 12:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

定住人口の増加は政策的に外国人を移入させる移民政策を採用しない限り難しいでしょう。また交流人口の増加は、オーバーツリズムと呼ばれる観光公害などの問題を生んでいます。足元では新型コロナウイルス感染症の影響でインバウンド需要は消失し、関連倒産が増えつつあります。

定住人口の増加は非現実的、交流人口の拡大は不確実であり、打開策が見いだせない状態です。

そこで国は「関係人口」という新しい概念を提示し、地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]