ドライブスルーでETC決済 中日本高速が試行

2020/7/29 19:00
保存
共有
印刷
その他

中日本高速道路(NEXCO中日本)は8月3日から、日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC、横浜市)などと共同で、自動料金収受システム(ETC)で代金を決済できるドライブスルーを試行する。29日、中日本高速が発表した。

ドライブスルー時にETCで決済できる店舗は屋根にアンテナを設置

日本KFCの相模原中央店(相模原市)で11月末まで行う。ETCを物販の決済手段とする試みは国内で初めて。利便性の向上や新型コロナウイルスの感染予防効果などを見込む。

利用には事前に専用サイトでモニター登録を済ませる必要がある。その上でETCを通じて決済すれば、1割引きで商品を購入できる特典を受けられる。

政府は高速道路以外でもETCを活用できる試みを進めている。これまでゲートで開閉する駐車場や、フェリー乗り場で試行してきた。ETCは同じキャッシュレス決済の中でもクレジットカードやスマートフォンに比べ接触機会が低減できる特徴がある。さらにドライブスルーでは、商品の受け渡し時間を短縮化できるメリットが加わる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]