/

東京都で新たに250人感染、1人死亡 新型コロナ

(更新)

東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者が新たに250人確認されたと発表した。都内の感染者は累計で1万1861人になった。重症者は28日から1人増えて22人。1人の死亡が確認され、死者数は累計329人となった。

都内ではこれまで、若い世代を中心としたホストクラブなど「夜の繁華街」関連の感染者が多かったが、家庭内や会食を通じた感染が増えている。29日は250人の新規感染者のうち、夜の街関連は14人だった一方で、家庭内感染が28人、会食での感染が18人、職場内での感染が16人に上った。

家庭内感染にはホームステイ先で感染した外国籍の20代男性も含まれ、同居者から計4人が感染したとみられている。

感染者の年齢層にも広がりが見られる。20~30代の感染者が160人と6割を占め、引き続き高い水準だが、40~50代は56人で2割に上った。60代以上も25人確認され、都は重症化リスクの高い年齢層への感染拡大を懸念している。

30日に専門家や都幹部らによる「モニタリング会議」を開き、感染状況や医療体制を分析、評価する。

29日には都職員2人の感染も判明した。目黒都税事務所に勤務する30代男性と、都庁に勤務する40代女性で、いずれの職場も消毒などを実施した上で業務を継続しているという。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン