/

羽田入国時に抗原検査 1時間で結果判明

厚生労働省は29日、入国者の新型コロナウイルス感染を調べるため、羽田・成田両空港の検疫検査に唾液による抗原検査を導入した。1時間程度で感染の有無を判定でき、検査能力の向上が期待できる。これまでのPCR検査では、結果判明まで1~2日程度かかるケースもあった。

同日、羽田空港を視察した加藤勝信厚労相は「国際的な人の往来を高めるなかで、羽田の検査能力を1日2000件から3800件にする」と話した。8月から成田も原則抗原検査に切り替えるほか、関西国際空港にも導入し、9月中に3空港の検査能力を計1万件に高める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません