/

ソニー系、「いきものがかり」の3Dライブ配信

リアルタイムにCG合成する

ソニー・ミュージックレーベルズ(東京・千代田)は「いきものがかり」の3Dライブを8月2日に配信する。ソニーが開発する最新技術をはじめて生配信に活用する。演奏の様子をカメラとは異なる視点からも見ることができる。

「いきものがかりVolumetric LIVE~生きる~」を開催する。昨年ネット上で話題を呼んだ4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」のテーマソング「生きる」を披露する。ユーチューブやツイッターで配信される。

ソニーが開発したVolumetric Capture技術をはじめて生配信に活用する。スタジオに設置された複数のカメラで撮影した人物や場所の映像と、CG(コンピューターグラフィックス)を合成して3D映像を制作する。3D映像によって、足元から見た様子などカメラのない視点からも演奏中の様子を見ることができる。(藤生貴子)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン