/

この記事は会員限定です

品種改良の努力への報い

十字路

[有料会員限定]

種苗法は特許権や著作権と同様、品種登録をして農産物の品種改良をした人の権利を保護しようという法律だ。日本で開発した種子や苗が海外に無断で持ち出され栽培されることを防止するため、改正案が先の国会に提出された。

農家がイチゴの苗などを自分で増やす際に品種登録者の許諾を必要としたことが、反対を呼んだ。「許諾料が農家の負担になる」という意見や「世界の種子大手が農家に自家増殖を認めず農家を支配する」という見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン