/

この記事は会員限定です

ネスレ、人工肉生産を世界3極で 健康志向追い風に

米国勢は低価格化主導 普及に弾み

[有料会員限定]

食品世界最大手のネスレ(スイス)など世界の食品メーカーや新興企業が、人工肉の開発競争を繰り広げている。植物由来の成分でつくり、もともと消費者の環境意識などから商機が広がっていた。新型コロナウイルスの影響で健康面の利点からも注目される中、ネスレは欧米と中国の世界3極で供給体制を整えた。低価格化や味の改良が進み、普及に弾みがつく。

ネスレ本格参入、人工肉「夏の陣」熱く

ネスレは7月から、人工肉のパティ「ガーデングルメ センセーショナルバー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン