アシストスーツ、3密回避で新たな用途広がる
遠隔フィットネスや自宅リハビリ

2020/7/30 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の中で、人の動作を支援するパワーアシストスーツ各社が「3密」回避を目的とした市場を開拓している。サイバーダインは高齢者の身体機能の向上を促す製品を自宅のトレーニング用にレンタルし始めた。パナソニック子会社はアシストスーツを着る遠隔フィットネスを開発した。各社は用途を広げ収益確保を狙う。

「やれると思えるようになった」。都内に住む元医師の阿岸鉄三さん(86)は4月末から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]