/

この記事は会員限定です

豚・鶏、国産肉に内食需要 鶏モモ5年ぶり高値

[有料会員限定]

国産の豚肉と鶏肉の価格が高止まりしている。スーパーでの販売比率が高く、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う内食需要の高まりが需要増加につながった。7月の卸値は前年同月比で1割以上高い。例年であれば夏は食肉需要が鈍化するが、新規感染者が再び増加し外食を控える動きが続いている。しばらくは高値が続きそうだ。

チキンソテーや唐揚げに使う国産鶏モモ肉(東京地区)の7月の卸値は1キロあたり598円。前年同月比1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン