/

この記事は会員限定です

国内投資5割ルール、VCの足かせに 海外マネー阻む

(更新) [有料会員限定]

中小企業を守るための法規制が日本のベンチャーキャピタル(VC)育成を阻む壁になっている。日本のVCが集めたお金の半分以上を国内に投資しないといけない「5割ルール」が原因で、海外の投資家を呼び込めない。VC市場に厚みが出なければ、国内スタートアップ企業の成長にも影響が及ぶ。

5割ルールは投資事業有限責任組合法(有責法)が定める日本独自の規制だ。有責法は通称「ファンド法」と呼ばれ、1998年に施行とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン