1億年前の地層、微生物生きてた エサで増殖

2020/7/29 0:00
保存
共有
印刷
その他

海洋研究開発機構の諸野祐樹主任研究員らと高知大学、米ロードアイランド大学などの研究チームは、約1億年前の海底下の地層から採取した微生物が生きていることを確認した。地層にとじ込められた状態でも、エサとなる物質を与えると増殖できる生存状態だった。栄養が非常に乏しい環境で生物が生き延びるメカニズムの解明などに役立つ成果という。

約1億年前の地層に生きていた微生物たち(海洋研究開発機構提供)

約1億年前の地層に生きていた微生物たち(海洋研究開発機構提供)

28日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

研究チームは2010年に水深3740~5695メートルの南太平洋の7カ所の海底を掘削して堆積物を採集した。海底表層に近い430万年前の地層から、恐竜のいた1億150万年前にできた地層までの全てから微生物を確認した。ただ、死骸なのか生きているのかは不明だった。

研究チームは糖などをエサとして与えて、微生物が摂取するかどうかで生存状態を調べた。微生物の表面を破壊して取り出した細胞を分析すると、投与したエサが含まれていた。約1億年前の地層から取り出した微生物の約99%が生きていた。

海底にはプランクトンの排せつ物や死骸、ちりなどが堆積している。非常に細かい粒子からなり、その隙間が狭いため微生物でも動き回れず、閉じ込められていたと考えられるという。

この微生物は生命活動を著しく抑えていたとみられ、地上の生物とは異なる早さで進化した可能性があるという。諸野主任研究員は「(採取した微生物が)1億年前から進化しているかどうかは分からない。今後、ゲノム解析などをして確認したい」と話す。

これまでの研究では、2千万年前の試料から採取した微生物の生存を確認したことがあるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]