/

海底ケーブルが重要な理由とは?

2020年7月29日の日本経済新聞朝刊1面に「光海底ケーブル、日本案に」という記事がありました。インターネットに欠かせない海底ケーブルの整備が世界で進んでいます。南米とアジア・オセアニアを結ぶ初の光海底ケーブルについて、日本が提案したルートが採用されました。ニュースのポイントを振り返ります。

海底ケーブルはインターネットに欠かせないインフラです。国際通信の95%は海底ケーブルを経由しています。あらゆるモノがネットにつながるIoTや次世代通信規格5Gの普及で通信量が増えると見込まれており、拡充が課題になっています。全体の市場規模は2025年までに220億ドルに増える(20年は130億ドル)と米調査会社はみています。

海底ケーブルの計画を進めていたチリ政府は、日本の提案したルートを採用しました。チリからニュージーランドを経由し、オーストラリアのシドニーに達するルートです。中国が提案していた、チリと中国を直接結ぶルートは採用されませんでした。海底ケーブルの中継器から通信データが監視される恐れが指摘されており、中国のスパイ活動に使われることを懸念した米トランプ政権が、チリ政府に中国ルートを採用しないよう働きかけていました。

今秋にチリ政府が技術調査の最終報告を公表する見通しです。実施主体となる事業体の設立をへて、来年以降に入札が実施される見込みです。通信ケーブルや関連製品の受注では、提案ルートが採用された日本の企業が有利になります。海底ケーブル事業で中国の華為技術(ファーウェイ)が存在感を高めていましたが、日本ルートが採用されたことで日本企業にもチャンスが回ってきたと言えそうです。

20代編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は7月29日の朝刊1面を読んでみてください。
この記事をまとめた人:渡部加奈子
2015年入社。保育・女性活躍の取材を経て、コンテンツマーケティングを担当。格安スマホに変えてからスムーズな通信環境のありがたみを実感した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースを分かりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン