/

三菱自動車、岡山の工場で軽EV生産 80億円投資

三菱自動車は28日、水島製作所(岡山県倉敷市)で軽自動車の電気自動車(EV)を生産すると発表した。今年8月から、約80億円を投じてEV向けの関連設備を導入する。同工場ではこれまで日産自動車と軽自動車の共同生産を手掛けてきたが、2社が重視するEV分野に協業を広げる。

新たに採用するバッテリーの組み立て設備や検査設備を新設するほか、EV向け車台に対応するためのライン拡張などを予定している。日産が投資額の一部を負担する。

三菱自は水島製作所の軽自動車向けラインを通じて、これまで日産の「デイズ」や「ルークス」を受託生産してきた。日産も5月に公表した2023年度までの中期経営計画で、同年度までに軽自動車のEVを新たに導入すると明らかにしている。

三菱自は27日に発表した新たな中期計画で、国内の主力3工場のうちパジェロ製造(岐阜県坂祝町)の工場を閉鎖すると発表。一方、水島製作所は今後も軽自動車の主力拠点として活用していく方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン