「死にたい」知っていれば ALS女性の父、後悔も

社会・くらし
2020/7/28 18:56
保存
共有
印刷
その他

「死にたい」と娘から聞いていたら、まだ呼吸ができたので思いとどまるよう言ったのに――。京都のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の嘱託殺人事件で、亡くなったALS患者の林優里さん(当時51)の父親は28日、報道各社の取材に応じた。「(『死にたい』と)言っても承諾してもらえないと思っていたろうし、そんなことを親に言う娘はいませんしね」と苦しい胸の内を明かした。

父親によると、林さんは小さい頃から活発な…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]