/

この記事は会員限定です

首都圏の鉄道、感染予防に知恵 抗ウイルス剤や増便

[有料会員限定]

首都圏の鉄道各社が新型コロナウイルスの感染防止対策に知恵を絞っている。抗ウイルス剤の塗布や混雑状況の通知、増便など対策は幅広い。緊急事態宣言が解除されて乗客数が回復する中、安心して利用できる「新常態」のサービスを模索している。

東京メトロは2日から、抗ウイルス効果があるコーティング剤を車内に塗布し始めた。これまで定期的にアルコール消毒をしていたが、コーティング剤の方が持続的な対策になると判断した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン