日本ガイシ、耐熱性高めた2次電池

2020/7/28 19:30
保存
共有
印刷
その他

日本ガイシは薄型のセラミックス2次電池「エナセラ」で、耐熱温度をセ氏105度と、従来よりも20度高めたコイン型タイプの量産を9月に始める。耐熱性を高めたことで、車のエンジンルームやドライブレコーダーなど、高温になりやすい環境でも利用できるようになるという。今後もさらに耐熱性能を高め、競争力を磨く。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]