現代のグレート・ゲーム データ資産をめぐる争奪戦
客員論説委員 土屋 大洋

中外時評
2020/7/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国人で初めてノーベル文学賞を受賞したラドヤード・キプリングの小説「少年キム」は、当時のインドの生活を生き生きと描き出した。

この小説が出版されたのは1901年。日露戦争の直前だった。舞台の背景にあるのは、不凍港を求めるロシアの南下政策である。英国が支配していたインドにロシアは関心を示す。それを阻止するべく英国の情報機関が動き、特異な才能を持つ英国人孤児のキムが巻き込まれていく。

この小説が一つ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]