/

この記事は会員限定です

塚田農場「安く酔える」は脱却 産地伝える原点に戻る

居酒屋は負けない(3)

(更新) [有料会員限定]

「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニー。高級地鶏を手ごろな価格で食べられるとして一時は脚光を浴びたが、いつのまにか数ある居酒屋チェーンの一つに埋もれた。競争激化で業績が低迷するなか、新型コロナウイルス危機に直面する。「できることは何でもやる」。米山久社長は大衆居酒屋からの脱却に舵(かじ)を切る。

「安くて酔える」から脱却

渋谷駅ハチ公口から徒歩約5分のテナントビルで6月に開業した地鶏料理専門店「地どり屋つかだ」。壁にちょうちんを飾り和の雰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

居酒屋は負けない

居酒屋が岐路に立っている。若者を中心とした酒離れに加え、新型コロナウイルス危機で逆風が強まる。感染拡大を防ぐ対策を徹底しながら、日本人の憩いの場を消したくないと奔走する現場を追う。(この連載は本編4回、ビジュアル解説1回、番外編1回で構成します)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン