時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,261,330億円
  • 東証2部 68,152億円
  • ジャスダック 97,352億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.78倍25.02倍
株式益回り5.05%3.99%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,360.30 +40.93
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,220 +120

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

おかしい「無配でも優待」 有名無実の株主平等原則
編集委員 前田昌孝

前田 昌孝
編集委員
2020/7/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」は昭和の言い方だが、「賭けマージャン、点ピン(千点100円)ならば許される」ならば、いまの人にもわかるだろう。では会社法上の株主平等原則に触れる恐れがある株主優待制度はどうなのか。これまでは会社法学者も「軽微な差にすぎない」などと容認してきたが、無配の企業では大株主と小口株主が受ける実質配当の差が5~8倍になることもある。日本の資本主義の説明責任が問われそうだ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム