てんかん患者「私が専門家」 症状や薬を学び自信向上

2020/7/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

てんかん患者向けに、病気の仕組みや薬の効き方などを学ぶ「学習プログラム」に取り組む医療機関が出てきた。患者が症状を理解して自信を持つことで、治療効果を高め、社会生活への順応や復帰を支援する。患者の親同士で体験を共有する機会にもなり、不安の軽減にもつながっている。

てんかんは脳の神経細胞の信号が乱れ、意識障害やけいれんなどの発作を起こす病気だ。発作が起きるとぼーっとしたり、意識がはっきりしなくなっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]