独ワイヤーカード破産 金融当局、監督強化へ法改正

金融最前線
2020/7/28 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】欧州を代表するフィンテックだった独ワイヤーカードの破産申請から1カ月、旧経営陣が長年にわたって組織的に決算の粉飾に手を染めていた実態がおぼろげながら浮かび上がってきた。不正を見逃した監督当局や会計事務所への批判が一段と高まっており、ドイツ政府は監督強化に向けた法改正の検討に入った。

32億ユーロ(3900億円)を巡る組織的な詐欺――。ミュンヘン検察庁のアンナ・ライディング検事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]