/

南海電鉄、自動券売機に抗菌シート

全ての自動券売機に抗菌シートを貼り付ける

南海電気鉄道は28日、難波駅(大阪市)で自動券売機のタッチパネルに抗菌加工する作業を報道陣に公開した。抗菌効果が期待できる光触媒「チタンアパタイト」を塗ったシートを貼り付けた。足元では新型コロナウイルスの感染が広がっている。多くの人の指が触れるため利用者の安心感を高める。

南海電鉄と泉北高速鉄道の全ての自動券売機と自動精算機の計375台に8月7日までに実施する。使用状況にもよるが約2年間、効果が持続するという。

南海電鉄では車内の抗菌加工や駅の定期的な消毒を実施している。鉄道営業本部統括部の辻本教秋課長は「これからもお客様が安心して利用できる対応を順次実施していきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン