環境配慮のゴルフティー、信州吉野電機 女性向け

2020/7/28 16:53
保存
共有
印刷
その他

プラスチック・金属加工の信州吉野電機(長野県塩尻市)は、生分解性プラスチックを使ったゴルフティーを開発した。商品名は「かんざしてぃー」。ゴルフ場やネット通販で販売を始めた。

信大生の嶋田さんがパッケージをデザインした

ボールを載せる部分のデザインがサクラとクローバーの2種類になっており、女性ゴルファーが髪に挿して持ち歩ける。ショートとロングの2種類があり、両方が計12本入った商品が税別690円。

パッケージデザインは塩尻市を通じて信州大学の学生である嶋田水緒さんに依頼し、商品名も平仮名にして和風の雰囲気を出したという。

同社は情報機器や自動車関連の部品加工が主力だが、2018年に初めての消費者向けとしてゴルフティーとグリーンフォークを一体化した製品を発売した。

プラスチックを巡る環境問題に注目が集まるなか、環境に優しい生分解性プラスチックを使うことで、企業向けビジネスでの新たな開発提案などにもつなげたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]