今日も走ろう(鏑木毅)

フォローする

コロナ禍の責任ある行動、想像力を働かせて

2020/7/30 3:00
保存
共有
印刷
その他

4年前、南米パタゴニアで開催された141キロメートルのウルトラトレイルのレースでのこと。南極大陸に近く常に強風が吹きすさぶ、初めての地でのロングレースということもあり私は不安でたまらなくなった。

アウトドアスポーツでは何事も自己責任というのが当然とわかってはいても、思わず主催者に「万が一の事態には助けてもらえるのか」と尋ねた。主催者は「もちろん救助に全力を尽くす。ただ、そのような事態にならないよ…

今日も走ろう(鏑木毅)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ランニングのコラム

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「今日も走ろう」

電子版トップスポーツトップ

今日も走ろう(鏑木毅) 一覧

フォローする
虚勢を張らずに臨むようになった記者会見での筆者(中国・北京100キロレースで)

 水泳の瀬戸大也選手が東京五輪の延期に関して、「練習に身が入らない」と苦しい胸の内を語るのを聞いた。金メダルの有力候補とされ、上り調子の選手だっただけにこの1年延期に対する不安の率直な吐露には深く考え …続き (9/17)

勉強不熱心な大学生だったがゼミの授業は刺激的だった

 7月中旬に母校の早稲田大学の講師としてオンライン授業をさせていただいた。当初はオンラインでこちらの意図が伝わるか心配だったけれど、学生たちの熱意を十分に感じ取れ、自分の経験や考えが画面を通してでも的 …続き (9/10)

半年ぶりに出かけた山で多くの気付きを得ることができた

 8月上旬に実に半年ぶりに山へ出かけた。小学生の頃から山に親しみ、トレイルランニングと出合ってから23年が経つけれど、これほど長い間、山から離れていたことはない。それだけに感慨深く、自分の山とのかかわ …続き (9/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]