/

この記事は会員限定です

日の丸次世代電池、EV普及を後押し 容量が数倍に

科学記者の目

[有料会員限定]

リチウムイオン電池を上回る次世代型の蓄電池の開発が進む。京都大学や産業技術総合研究所が相次いで試作に成功した。従来とは異なる原理で電子を運ぶため、容量を数倍に高められる。2030年ごろに電気自動車(EV)に搭載する計画だ。1回の充電で500キロメートル以上を走れる可能性があり、EVの普及を大きく後押しできる。

産業技術総合研究所関西センター(大阪府池田市)の研究室で、次世代型蓄電池の試作が進む。正...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン