/

この記事は会員限定です

「打撃力」の保有検討、自民チームが骨子修正案

[有料会員限定]

自民党のミサイル防衛検討チームは28日の会合で、抑止力強化を促す提言骨子の修正案を示した。相手のミサイル拠点をたたく敵基地攻撃能力は自衛の範囲に含むとした1956年の鳩山一郎首相答弁を引用し「打撃力」の保有検討を盛った。

検討チームは16日の会合で骨子案を示し、相手の領域内でミサイル攻撃を阻む措置などの抑止力の強化を求めた。敵基地攻撃能力の保有を事実上提起した。日本全域を常時守る「総合ミサイル防空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン