/

星出さん、米スペースXの宇宙船運用2号機で宇宙に

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、日本人宇宙飛行士の星出彰彦さん(51)が2021年春ごろ打ち上げ予定の米スペースXの宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かうことが決まったと発表した。星出さんにとって3度目の宇宙飛行となり、ISSに長期滞在する間、若田光一さん(56)に続く日本人2人目のISS船長を務める予定だ。

米スペースXが開発した新型宇宙船「クルードラゴン」の運用2号機への搭乗が決まった。星出さんは「新しい技術やコンセプトで開発された民間宇宙船に搭乗できることは楽しみでもあり、同時に新しい時代の到来を肌で感じております」とのコメントを出した。

星出さんは当初、20年5月ごろからISSに約半年間滞在する予定だったが、スペースXや米ボーイングによる新型宇宙船開発の遅れに伴って延期になっていた。

9月後半以降に打ち上げられるクルードラゴンの運用1号機には野口聡一さん(55)の搭乗が決まっている。米航空宇宙局(NASA)とスペースXは5月、米国人宇宙飛行士2人を乗せたクルードラゴンの試験機を打ち上げ、ISSへのドッキングに成功した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン