水害対策急ぐ富山企業 急流多く「晴れでも氾濫」恐れ
ウエーブ富山

2020/7/28 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

急流河川の多い富山県に生産拠点を置く企業が水害対策の強化に動きだしている。半導体のタワーパートナーズセミコンダクター(魚津市)は年内に対策をまとめ、YKKAPは水防設備を充実させる。8日には岐阜県の豪雨を受け、同県を源流とする神通川や庄川で氾濫注意情報が出た。全国で相次ぐ豪雨に神経をとがらせる。

旧パナソニックグループで、イスラエル企業が株式の過半を持つタワーの砺波市の工場は庄川と面している。同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]