オリパラ考

フォローする

「中止」「再延期」が50% 五輪の機運醸成の難しさ
編集委員 北川和徳

2020/7/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1年延期となった東京五輪・パラリンピック開催への厳しい意見が目立っている。新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況では無理もないが、各メディアの世論調査などでは「中止」「再び延期」を合わせるとほぼ50%を超える。

たとえ開催したとしても、歓迎されない大会となっては意味がない。ウイルスに対する安全・安心の態勢確立はもちろん不可欠だが「なぜ、五輪を開催するのか」について国民の理解を得るのも、開催を求め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
スマートシューズはランニングだけでなくウオーキングやビジネスシューズにも展開できそうだ(アシックスのスマートシューズ)

 アシックスがセンサーで足の動きを計測してランナーにアドバイスするランニングシューズを開発した。以前に紹介したスタートアップ企業「ノーニューフォークスタジオ」の技術を専門メーカーが進化させた国内初の本 …続き (9/23)

陸上の競技者は来年度から新たに日本陸連への「登録料」が必要になる(12日の日本学生対校陸上)

 日本陸連は2021年度から新たに競技者の「登録料」を設定することを決めた。選手として活動するためには、大学生以上は1000円、中高校生は500円を毎年、所属先や居住地のある都道府県の陸上協会(地方陸 …続き (9/16)


 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国同士が互いに入国を拒否したり制限したりする状況が続いている。五輪には通常200を超える国・地域が参加するが、日本も現在、150以上の国・地域を原則入国拒否の対 …続き (9/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]