/

この記事は会員限定です

信越の空港、利用客の戻り鈍く 感染対策の周知に力

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で新潟と長野の空港利用者数が低迷している。6月から利用客は戻り始めたもののいまだ前年の2割程度にとどまる。両空港では感染対策を徹底し県民へとアピール。国際線の定期便やチャーター便の再開が見通せないなか、国内客の需要取り込みを急ぐ。

「密閉された空間だと思われがちですが、機内の空気は3分間で全て入れ替わっています」。21日に新潟空港(新潟市)で開催したメディア向け説明会で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン