/

この記事は会員限定です

大戸屋vsコロワイド、稼ぐ力が映すTOB価格の妥当性

証券部 田辺静

[有料会員限定]

大戸屋ホールディングスへのコロワイドによるTOB(株式公開買い付け)期限まで1カ月を切った。大戸屋HDは20日に反対意見を表明しており、2019年秋から続く両社のいざござは敵対的TOBに発展している。TOB成立のカギを握るのが3081円に設定された買い付け価格だ。稼ぐ力をもとに大戸屋HDの潜在的な企業価値を試算してみると、両社の一利一害が見えてくる。

コロワイドは9日、TOBを通じ出資比率を現在の19%から最大51%に引き上げる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1555文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン