/

NZ、香港との犯罪人引き渡しを停止

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)のピーターズ副首相兼外相は28日、中国による「香港国家安全維持法」の施行を受け、香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表した。カナダ、オーストラリア、英国に続く動きだ。

NZのピーターズ副首相兼外相は香港との犯罪人引き渡し条約の停止を発表=ロイター

ピーターズ氏は声明で、香港国家安全法施行により「香港の刑事司法制度が中国から十分に独立していると信じることはもはやできない」と停止の理由を説明した。今後「中国が一国二制度を堅持する姿勢を見せれば、この決断を再考することもある」とも述べた。また、防衛装備品や軍民両用物品・技術の香港への輸出規制を、中国本土並みに強化することも明らかにした。

NZ政府は香港への渡航情報を28日に更新。香港国家安全法について「幅広く解釈され、広範な活動について国家安全(維持)の理由で逮捕・起訴されるリスクが高まる」と説明、逮捕された際には中国本土へ移送される可能性もあるとして注意を呼びかけた。

ピーターズ氏は9日、香港国家安全法施行を受け、香港に関するすべての政策決定を見直す方針を表明していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン