/

この記事は会員限定です

観光都市・京都 再起へ歩み まずは域内から

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な打撃を受けた京都市の観光が復活の道を探っている。4月から6月中旬にかけて宿泊施設、土産物店、タクシーといった観光関連業界は壊滅状態だったが、全国の移動制限が緩和され、6月下旬から徐々に国内観光客が戻り始めている。官民一体となって感染防止策を徹底し、「ウィズ・コロナ」時代の観光のあり方を模索する。

「7月に入っても売り上げは例年の2、3割程度」――。清...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン