米大統領補佐官がコロナ感染 自主隔離に

2020/7/27 23:17 (2020/7/28 7:08更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは27日の声明で、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。軽度の症状があり、自主隔離を行っている。トランプ大統領やペンス副大統領の感染リスクはないと説明した。

オブライエン米大統領補佐官は日常的にトランプ大統領と安全保障政策を議論する=AP

トランプ氏は27日、ホワイトハウスで記者団に対して「私は彼に最近会っていない」と語った。オブライエン氏は米政権内でコロナ感染が確認された人物の中で最もトランプ氏に近い人物だ。大統領補佐官は安保政策について日常的に大統領と議論する。ブルームバーグ通信はオブライエン氏が家族との行事の後に体調を崩したと報じた。

ホワイトハウスの声明によると、オブライエン氏はホワイトハウス以外の場所から業務を続けており、米国家安全保障会議(NSC)の業務に支障はないという。ホワイトハウスでは5月にペンス氏の報道官を務めるケーティー・ミラー氏などの感染が確認されていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]