新型コロナ「最も深刻な緊急事態」WHO事務局長が警告

2020/7/27 22:04
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日の記者会見で、新型コロナウイルスは過去の緊急事態と比べ、「最も深刻だ」と警告した。感染者の数ではなく、命を救うことに集中するのが最も重要と強調し、死者が少ない日本の対応を称賛した。

30日でWHOが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言してから半年がたつ。これまでに世界で1630万人が感染し、64万人以上が死亡し…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]