/

この記事は会員限定です

新潟最古の酒蔵吉乃川、客との関係「醸す」3つの戦略

信越企業攻めの一手

[有料会員限定]

創業472年、新潟県最古の酒蔵・吉乃川(長岡市)が日本酒と蔵のファン作りへと新たな策を次々に打ち出している。新商品やウェブ、現地の観光拠点の活用。3つの手段を組み合わせ消費者との距離を近づける。歴史深い酒蔵だが方法論は極めて現代的だ。

「Sake Tonic」。21日、全国のファミリーマート約1万6600店に、黒を基調に上部がオレンジで彩られた缶が並んだ。炭酸とトニックウオーター風味にオレンジピールの香り付け。そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン