名鉄、名駅南エリアで不動産開発 高層ビルに出資

2020/7/27 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋鉄道は名古屋駅の南側周辺で新規の不動産事業を進める。名駅周辺ではリニア中央新幹線の開業に向けた再開発が進んでおり、東側に比べ南エリアの本格展開がこれから。このほど名鉄が2023年に竣工予定の高層オフィスビルに、複数の事業会社と共同出資することがわかった。

22年度から2千億円を投じて名鉄名古屋駅を含むビルを一体開発する計画などと併せ、ビジネスと観光の両面で中部屈指の集客拠点を目指す。

23…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]