/

崎陽軒、台北に海外1号店 シウマイ弁当など販売

崎陽軒(横浜市)は27日、台湾の台北駅構内に海外1号店となる「台北駅店」を8月7日に開業すると発表した。「台湾版シウマイ弁当」(約630円)、「昔ながらのシウマイ20個入り」(約1300円)などを、現地法人を通じて製造・販売する。

海外で一般的な透明な容器にするなど海外向けにアレンジする

台湾で受け入れられるよう、シウマイやご飯を温かい状態で提供するほか、パッケージデザインや容量など細部を見直した。同社のシウマイは横浜中華街の料理をアレンジして1928年に発売された。横浜名物となっている人気商品を売り込み、将来は台湾から日本への観光誘客などにも生かす考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン