野村不、契約手続きを電子化 新築物件売買で

2020/7/27 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野村不動産は今冬から新築分譲マンションや一戸建ての売買契約の手続きを電子化する。IT(情報技術)サービスを活用して書類をシステムで管理し、電子での署名やなつ印も可能にする。不動産大手初で、顧客の負担を減らし契約業務を効率化する。既に始めているオンライン商談と組み合わせることで、新型コロナウイルス禍で高まる非接触ニーズにも応える。

不動産契約を一元管理するデジタルガレージの「ムスベル」、弁護士ドッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]