JR東が消毒ロボ実験 高輪ゲートウェイでコロナ対策

2020/7/27 17:50
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は27日、高輪ゲートウェイ駅(東京・港)で消毒用ロボットなどの実証実験を報道陣に公開した。新型コロナウイルス感染防止のため、構内を自律走行して消毒する。ウイルスと人手不足に対応できる「新常態」の駅を探り、2024年度の導入をめざす。

駅構内の手すりを自律走行で消毒するロボット(27日、東京都港区)

実験では3種類の消毒用ロボを使う。夜間に自動で消毒液を噴霧しながら走り、手すりやエレベーターのボタンなど利用客が手を触れやすい場所を中心に消毒する。

このうち日本信号などが開発したロボは1時間の連続稼働で約500平方メートルに噴霧できる。搭載したセンサーで周囲の情報を取得し、人工知能(AI)が建物内部の形状や清掃経路を認識し記憶する。3D(3次元)カメラで障害物や人を検知し、安全に停止できる。

あわせて、利用客のスーツケースなど手荷物を自動で運ぶロボ、飲食物をカフェから会議室などに運ぶロボも実験する。

3月に開業した同駅は無人コンビニエンスストアや警備・清掃ロボなど最新技術の実験場となっている。JR東の技術イノベーション推進本部の佐藤勲部長は「新型コロナによる社会情勢の変化で、消毒や非接触での運搬が重要になっている。最新のテクノロジーでより安心・安全な駅を提供していきたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]