9/25 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  2. 2位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 米住宅市場はバブルか(NY特急便)[有料会員限定]
  5. 5位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
9月25日 143.549 -0.621

[PR]

商品ニュース

長距離トラック運賃、スポット6%安 工業品輸送鈍く
安値受注が増加 運送業界、運転手不足の不安も

2020/7/28 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長距離輸送トラックのスポット(随時契約)運賃が下落している。新型コロナウイルスの影響で工場が止まり、自動車部品など工業製品の輸送需要が振るわないためだ。東京―大阪の運賃は4月に比べて約6%安。荷主には目先の輸送費負担が軽減するが、運送会社にすれば収益性の低下に直面。運転手の確保が一段と難しくなりそうだ。

指標となる10トン車の東京―大阪間のスポット運賃は現在、片道7万5千~8万円。荷動きが堅調だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム